浮気調査 自分

浮気・不倫 自分で調査する?探偵に依頼する?

人間関係において、男女間の問題は避けて通れないものであるといっても過言ではないでしょう。特に配偶者や交際相手の浮気に関する問題というものは、昔から非常に多くの事例が報告されており、多くの刑事事件などの発端となっているというケースも少なくはありません。そういった事態に発展する前にきちんとした調査を行い、穏便に解決を図るために、浮気調査というものが存在しており、安定した需要が存在しています。

 

浮気調査を依頼する最も代表的な機関といえば、探偵事務所になりますが、探偵事務所は確実な情報をもたらしてくれる半面、非常に高額な料金が必要になるということがリスクとして存在しています。浮気調査などを探偵に依頼するとなると、ほぼ24時間相手のことを監視しているような状況を作らなくてはならないため、人件費も通常の調査と比較して非常に高額な料金が請求されるということもあります。そのほか職員の宿泊費や食費などのような経費も料金として加算されることになるため、必然的に高額な料金がかかってしまうことになります。

 

その為現在では自分で行うことのできる浮気調査というものも盛んに行われています。探偵事務所が自分で行うことのできる浮気調査の相談を受け付けているというケースも珍しくありません。たとえば直接尾行をするにしても、見つかりにくいようにするための技術や、変装の方法など、自分で浮気調査を行うために必要な技術というものも多数存在します。そのほかにも携帯電話のGPS機能を用いるなど、様々なものを利用して、情報を収集するための役に立てることになります。

 

さらに近年ではスマートフォン用に開発されたアプリの中にも、浮気調査を行うためのものが多数存在しており、前述のGPSを用いた調査はもちろん、近頃の特徴的な行動から、浮気をしているかどうかを判断することができるアプリなど、その内容には多くのバリエーションが存在しています。

 

なぜ結婚をしているにも関わらず浮気をしてしまうのかといえば、そこには男女間での様々な意見の相違が存在しています。その為互いを理解しあう気持ちを忘れずに、結婚生活を送ることが、浮気による問題を起こさないためには最も重要なことなのではないでしょうか。

 

24時間・365日 電話相談(無料)受付中の探偵はコチラ(↓)

 

自分でできる浮気調査 チェック項目

浮気調査を行うための最も確実な手段といえば、探偵など専門の機関に調査を依頼することにあります。しかし探偵に浮気調査を依頼するということは、非常に高額な費用がかかることになるほか、長期にわたる調査が必要になるなど、こちら側が追わなくてはならないリスクも非常に大きなものになります。また仮に一定の期間探偵に調査を依頼したとしても、その時だけは証拠がつかめなかったということも可能性として否定はできません。

 

つまり本当の意味で浮気調査を行うのであれば、配偶者と最も近くにいる人物である、自分自身の手で調査を行うことが、最も確実で長期間行うことができる手段になります。自分である程度の証拠をつかんでから、探偵などの専門家に依頼を行うことによって、より確実に証拠を見つけ出すことができるでしょう。

 

自分でも可能な浮気調査の方法として確実なものは、いくつかのチェック項目を作成し、自分の配偶者にそれに当てはまる部分があるかどうかを確認するという方法が最も確実な方法として考えられています。代表的なものとしては、携帯電話をどのように扱っているかというものがあります。いつの間にか携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになったり、見られることを極端に拒否するようになったりした場合などは、浮気の可能性があると見ていいでしょう。

 

そのほかにも、携帯電話の着信履歴や財布の中のレシート、カーナビの履歴や車の走行距離など、様々なものが、自分でできる浮気調査のためには、重要な情報源となる可能性があります。こういった情報から浮気の可能性を見つけ出すことも、確実な浮気調査を行うためには必要なことになります。

 

>>自分で行う浮気調査のコツとは

自分でできる浮気調査 調査のタイミング

探偵などに依頼する形で行われる浮気調査は、非常に長い時間や高額な料金が必要になるなど、依頼する側にも確実に負担がかかってしまうものです。その為大きな負担を必要とする浮気調査を行う前に、比較的簡単に行うことのできる浮気調査だけでも、自分で行うとよいでしょう。そのうえで探偵などに捜査を依頼すれば、浮気調査の金額を多少でも節約することができます。また、より効率よく浮気調査を進めるための重要な役割を果たすことにもつながります。

 

浮気調査を行う場合に最も重要になる要素といえばタイミングであり、確実に現場を押さえることによって、浮気調査もその効果を十分に発揮できるものであるといっても間違いではないでしょう。

 

確実に現場を押さえるタイミングで調査を行うためには、事前の情報収集が欠かせません。まずは自分である程度の情報を仕入れることから開始し、最も確実に現場を抑えることができると確信したときに初めて探偵などに調査を依頼することで、少ない労力や費用によって確実な成果を上げることができるようになります。

 

また浮気調査を行う際に特に注意すべき点は確実に相手にばれないように調査を行わなくてはいけないということです。相手にばれてしまっていては、調査を行ったとしても警戒されてしまい、確実な証拠を得ることができなくなってしまうことになります。まずは相手に悟られないように情報を収集し自分が判断した最高のタイミングで探偵に依頼した調査を開始することが、最も効率よく浮気調査の成果を上げることができる方法となり、高額な料金を支払っても、それに見合った成果を得ることができるようになります。

自分でできる浮気調査 GPS

インターネット技術の発展は、SNSや出会い系サイトなどの普及に加担することになっており、必然的に浮気を行いやすい環境を作り出してしまったと考えられることが多いものです。しかし反対にインターネットなどのような機械の発達によって浮気の現場を押さえることもより確実な方法で行うことができるようになったこともまた事実なのです。浮気調査のために利用できるインターネット技術の代表的なものがGPSであり、GPSをフルに活用することによって、浮気調査に確実な効果が期待できるようになるといっても間違いではないでしょう。

 

身の回りに存在しているGPSの代表的な存在といえば、なんと言っても携帯電話です。携帯電話はほぼ全ての人が所持しているものであり、浮気調査を行うためにも重要な役割を果たすツールの一つです。GPSによって、相手のいる場所を確実に知ることができれば、それだけで確実な浮気調査を行うことができるのは間違いないでしょう。たとえば出張で出かけなくてはならないという報告を受けた際に、GPSを使用していれば、本当に出張先にいるのか、あるいは、出張とは関係ない場所にいるのかを確実に把握できるようになり、浮気の現場を押さえるためにも、非常に効果的なものとなります。

 

ただしGPSを使用する際に忘れてはならないことの一つが、GPSを設定するためには、直接相手の携帯電話を捜査しなくてはならないということです。同意を得てGPSを使用させてもらうことはもちろん有効な手段になりますが、浮気調査は相手に気づかれないように行うことで初めて効果を発揮できるものです。
そのためGPSを使用して浮気調査を行うためには、様々な苦労が存在するということも覚えておいた方がいいでしょう。

自分でできる浮気調査 マーキング

浮気による問題は実に多くの報告が見られるものであり、探偵などに寄せられる問題の代表的なものとしても認識されています。さらに浮気による問題が他の問題を引き起こす可能性も十分に考えられるため、刑事事件にまで発展してしまうという事例もあるため決して見過ごすわけにはいきません。その為自分でできる簡単な浮気調査の方法を知っておくことで、浮気調査を可能とすることも、大きな問題が起こる前の対策として非常に効果的なものとなります。自分でできる浮気調査の代表的なものとして認識されているのが、マーキングという方法です。

 

マーキングはわかりやすく言うと印をつけるというものであり、財布の中のお金に印をつけておくことや、財布の中の金額を覚えておくことによって可能となる方法です。財布の中の金額を覚えておくことによって、どのようなことにお金を使用していたのかをわかりやすくするのです。

 

具体的な方法としては、用事で相手が出かけるといった前日などに、財布の中を確認し、紙幣にしるしをつけておくか、入っている金額を記憶しておきます。そして用事を終えて帰ってきたら、どのようなことにお金を使用したのかを聞いてみます。そして後に財布の中を再び確認し、報告と金額が合致していれば問題ありませんが、金額が合わなかったときなどは、浮気の可能性があります。

 

もちろんお金をどのようなことに使用したかによって、浮気の可能性を疑うということは総計ではありますが、手軽に浮気の可能性を見つけるためにはある程度有効な方法であるということも事実です。様々な方法を用いて、未然に浮気を防止することも、重要なことになるのです。

自分でできる浮気調査 具体的な方法

浮気調査の方法の中でももっとも確実に証拠を見つけることができる方法といえば、探偵に浮気調査を依頼することであるのは間違いありません。しかしかかる時間や費用のようなものを考慮に入れると、そう頻繁に探偵に捜査を依頼することができるというものではありません。その為探偵に依頼を行う前に、自分である程度の浮気調査を行うことが、より確実に浮気調査を行うためには欠かせない要素になります。浮気調査の方法はその目的に応じて大きく行動調査、証拠調査、浮気相手を特定する調査の3つに分けることができます。

 

行動調査とは自分の配偶者の行動を調査して、浮気をしていないか判断する調査です。自分で手軽に行うことのできるGPSやマーキングなどの方法も、この行動調査の一環として考えられます。探偵が行うより専門的な行動まで含めると、尾行や聞き込み、張り込みなども行動調査に該当します。

 

証拠調査というものは、具体的に浮気の現場を目撃するために行われる調査であり、最も大きな基準としては不貞行為が行われているかどうかを調査することにあります。不貞行為の具体的な定義としては配偶者以外の相手と肉体関係を持ち、またそれが持続性のあるものかどうかということにあります。

 

浮気相手を特定する調査の場合は、自分である程度の相手を特定することができているかできていないかが非常に重要なものであり、探偵に捜査を依頼するにしても、自分である程度の相手が把握できていれば、手短な捜査で証拠をつかむことができるということもあります。しかし現在はインターネットの普及によって、SNSや出会い系サイトなどを誰でも簡単に利用することができるような環境が整っているため、浮気相手を特定する調査も難しくなりつつあるのが現状です。