浮気調査 不倫調査 証拠写真

証拠写真 撮影のコツ

浮気調査を自分自身の手で行い、どのような証拠を自分で入手できたとしても、それを第三者にわかるような形で提示できなくては、信憑性を得ることはできません。特に浮気の問題から裁判などに発展した場合には、どれだけ物的証拠がそろっているかによって、自分が有利になれるかどうかが分かれてきます。その為浮気調査を行う際には、証拠写真を撮るということも併せて考えていかなくてはいけません。証拠写真を撮影しているかどうかは、浮気調査によって何かしらの成果を得るためには欠かせない要素の一つなのです。

 

証拠写真を撮影すると一言で言ってもその内容は多岐に渡りいかに第三者から見て、浮気の現場をおさえたものであるかを認識できるかどうかということが非常に重要な観点となります。第三者にもわかるような証拠写真を撮るためには、ぶれやピンボケというようなものにも注意して撮影を行うことが特に重要なものとなります。

 

浮気現場を撮影するとなるとたいていの場合は夜間の撮影を行うことになります。夜間の撮影ということは、全体的に写真が暗くなりがちです。暗い場所で写真を撮る際にはオートフォーカスを使用して写真を撮影すると、ピンボケの状態で撮影されてしまう可能性が高いため、できればマニュアルでの撮影を行うことが適しています。そのほかにも、一緒に日付を撮影しておくことや、当事者と共に誰が見ても浮気現場であると判断できるような建造物を一緒に撮影しておくということも、証拠写真をより有力なものとする大事な要素になります。

 

そのほか暗所での撮影とは言ってもフラッシュを使用すると相手に気づかれる可能性が高いため、車のヘッドライトなどを利用することが望ましいでしょう。

 

あなたが掴んだ証拠で勝てると思いますか?

▼      ▼      ▼

証拠写真 撮影のコツ関連ページ

尾行のコツ
浮気調査でも不倫調査でも、尾行は必須と言えるでしょう。尾行というと難しそうに思えるかもしれません。しかし、コツを知っていれば案外うまくできるかもしれません。尾行のコツをご紹介します。
変装のコツ
浮気調査・不倫調査を行うに当たり、尾行することは必須でしょう。尾行の際によく行われているのが変装です。変装の基本は帽子・眼鏡・上着です。これらを活用することによりバレない確率が高くなります。
ゴミ チェックのコツ
浮気調査・不倫調査は探偵など調査会社に依頼するのが確実な方法ですが、ある程度までは自分で調査することもできます。浮気や不倫を自分で調査するコツをご紹介します。
カーナビのコツ
浮気調査・不倫調査を自分行うには様々な方法があります。その中の一つとして、車を使う場合はカーナビを調べる方法も有効です。カーナビの履歴まで削除する人は珍しいでしょうから、動かぬ証拠となるケースも珍しくありません。